酵素の働き、仕組みを理解する

酵素というのは本来は体内で生成されるものであるといっても過言ではありません。ですが、この酵素というのは年齢を重ねていくのと同時に減少していくものでもあるのです。そこで、食物に含まれている酵素を摂ることによって、体内で不足してしまった酵素を補充していく必要というものがあるのです。

体内で生成されるという酵素というのは消化酵素と代謝酵素の2種類といったものになります。そして、これに食物に含まれている食物酵素といったものをくわえた3つを酵素というようによんでいるのです。

この3つの酵素なのですが、それぞれに異なった特徴というものを有しているのです。酵素というのは別名に生命の源といわれることもあります。それは酵素が腕を動かすことや、呼吸をすることなどの人間のすべての動作にかかわっているからなのです。そのために酵素というのは健康的な生活を送っていくということのためには不可欠であるといっても過言ではないのです。

健康で若々しく生活をしていくというためには酵素をしっかりと摂っていくことが重要であるといってもいいでしょう。では、酵素のそれぞれの特徴をみていきましょう。

・代謝酵素について

代謝酵素というのは免疫力のアップや代謝を整える効果、栄養をエネルギーに変換していくことなどたくさんの働きをもっているものですね。酵素の性質のひとつに基質特異性といったものがあるのです。この基質特異性というのはどういったことかといいますと、ひとつの酵素に対して、ひとつの働きがあるといったことになります。つまり酵素というのはその働きの数だけ、酵素の種類もあるということになるのです。

言い換えれば、代謝酵素と一口にいってもその数は実に数千種類存在するといったことになるのです。そのどれものがまた生命維持の活動を行っていくうえでとても必要なものだといってもいいですね。

・消化酵素について

消化酵素というのは、食べ物を消化するときにその力を発揮する酵素だといっていいでしょう。暴飲暴食をするといったようなことで消化酵素というのは著しく減少していくことになります。また、動物性のたんぱく質といったものも摂ることによって、消化酵素をたくさん使ってしまうのです。ですので、なるべく食物酵素を多く摂取するようにして、消化酵素の負担を減らすといったことが大切だといっていいでしょう。

・食物酵素について

食物酵素というのは生野菜や果物、海藻類、茸類などに多く含まれている酵素になります。ただし、酵素というのは熱に弱いといった性質をもっているので、加熱調理をしたのではほとんど酵素は摂れないのです。

そのためにこうしたものを生で食べるといった必要がでてきてしまいます。食物酵素というのは消化酵素とおなじ働きというものをもっているのです。体内で生成されるという代謝酵素や消化酵素の負担を減らすといったことのためにも、食物酵素を多くとるように心がけていくといいでしょう。