睡眠時無呼吸症候群ってどんな症状があるの?自分でチェックするための方法

images

睡眠というのは通常の場合、日中動いて疲れてしまった体や脳を休ませるために行われます。 寝ている時に呼吸が何度も止まってしまっていると、体の中にある酸素もそれだけ減ってしまうことになります。

 

酸素が足りていない状態になると、心拍数が上昇していくことになり、体や脳に対してかなりの負担になってしまうのです。 本人としては寝ていますから自覚症状もないのですが、体も脳も覚醒してしまっている状態になります。 そのため、寝ていても脳も体も休んでいない状態になってしまうのです。

 

これによって、睡眠時間はしっかり確保しているのに、日中に集中をすることができなくなってしまったり、体がだるく感じる、疲れが取れない、強烈な眠気に襲われてしまうなどといった症状が出てしまうのです。このような状態のことを睡眠時無呼吸症候群といいます。

 

睡眠時無呼吸症候群というのは、症状の現れ方や症状の強さというのは人によって違っています。 また自分では寝ている状態の時のことはわかりませんから、一緒に暮らしている人に自分は呼吸をしているのかを確認したりした方がいいでしょう。

 

次のようなことに当てはまっているのであれば、睡眠時無呼吸症候群になっている可能性があります。

・寝ている時
1.寝汗を掻いている
2.いびきをかいている
3.途中でいびきが止まって、しばらくして大きく呼吸をした後にまたいびきをする
4.呼吸が止まっている
5.寝ている時に息苦しさを感じたり、呼吸のリズムが乱れてしまう
6.寝ていても何度も起きてしまう
7.むせてしまう

・起床時
1.体に倦怠感を感じる
2.布団から出るのに時間が掛かる
3.しっかり寝た気がしない
4.喉に痛みを感じる
5.のどが渇いてしまっている

・日中
1.常に疲れを感じている
2.長時間集中をすることができない
3.倦怠感や気だるさを感じる
4.強烈な睡魔に襲われる

こちらもどうぞ⇒睡眠時無呼吸症候群にサプリはこれ@治療したい方必見

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>