白髪染め、ヘアカラーなどカラーリングは痒みの原因になる

日頃からカラーリングをしている場合、頭皮に痒みがないかチェックしたいものです。そして、もしも痒みが出ているのであれば、一旦カラーリングをすることを中止した方が良いかもしれません。なぜなら、頭皮が炎症を起こしていたり、何らかの頭皮トラブルが発生している可能性が高いからです。

一言でカラーリングといっても、大きく分けると3種類に分かれます。白髪染め、ヘアマニキュア、ヘアカラーです。白髪染めは言うまでも無く、白髪を染めるために使用するものですが、特に市販されている薬剤は肌に合わない可能性があるため、頭皮に付いてしまうと炎症やかゆみを引き起こすことがあります。

次にヘアマニキュアですが、脱色はしていないため、一般的には数ヶ月程度で色が落ちていくものです。頭皮への負担は弱めとなっていますが、肌がそこまで強くない場合は頭皮が荒れることもあるでしょう。症状が進行すると、フケが酷くなったり痒み出ることもあります。

最後のヘアカラーですが、こちらは一旦脱色をしてからカラーを入れていくやり方です。頭皮に強い刺激を加えることになるため、自力で行うことは避けましょう。美容室であれば、頭皮ケアをしっかりと行いながら染めてもらうことができますので、肌が弱い人は美容室へ行くことをお勧めします。

ちなみに、最近は品質が良いカラーリング剤が販売されるようになったこともあって、自分で色を入れる人が増えてきました。安心して使用できるものではありますが、必ずパッチテストをして肌に炎症反応が出ないか確認するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>