レーシック手術の流れ

レーシッククリニック選びのポイント

最近になって良く聞くようになったレーシック手術ですが、眼科クリニックや病院で簡単に手術をしてもらうことができるようになりました。そのときに困るのが、どのようなクリニックや病院が安心してレーシック手術を任せられるかということでしょう。

料金が安いほうが良いですが、それよりも、安全性が高かったり、失敗が少なかったりする病院やクリニックなどでレーシック手術を受けたいことでしょう。クリニックを選ぶときには、手術を執刀する医師が、実績がある眼科専門医ということが一番重要です。

実績があるということは、そのクリニックや病院で手術を受けた方がたくさんいたという裏返しになります。そのなかでも、執刀数が多いクリニックを見つけることからはじめてみましょう。

ほかにも、クリニックのサイトを見てみると、合併症がどの程度発生したかということを公表しているクリニックもあるようです。合併症がどの程度発生したか、どのような合併症が発生したかをチェックすると安心でしょう。また、そのときにどのような対処をしたかということもチェックするとさらに良いでしょう。

ほかにも初診のときに、レーシック手術についてしっかりとした説明をしてくれるかどうかも、重要なポイントでしょう。レーシック手術というのは、メリットだけではなくデメリットや危険が伴うものです。

そのため、デメリットや危険性についてしっかりと説明をしてくれるか、こちらの質問や疑問に真摯に対応してくれるかということも確認しましょう。もしも、自分が手術を受けようと思っているクリニックに不信感を持つようでしたら、そのクリニックではないクリニックに手術を行なってもらうのも良いかもしれません。

また、レーシック手術がどのようなものかを説明してくれるだけではなく、お金がどの程度必要かという説明をしてくれるかも確認しましょう。料金>ついてあいまいなクリニックを選んでしまうと、お金のトラブルが起きる可能性があるため注意しましょう。

レーシック手術を受けるまでの流れ

ここでは、レーシックを行なうときの流れを紹介します。

まずは、カウンセリングです。

カウンセリングでは、視力や眼の状態、視力をどの程度戻したいかなどを医師が聞き、レーシックとはどのようなものかを説明してくれます。

次に、検査です。

レーシックというのは受けることができない方もいるため、レーシックをしても問題ない眼か、角膜の厚さはどの程度か、眼に疾患があるかということを検査します。この検査で問題がないと判断された場合には、手術をする日を決めて、手術の日を迎えることになります。

次に、手術です。

まずは、眼を洗浄して、次に麻酔をかけてもらいます。麻酔をかけるときには、注射タイプではなく、点眼タイプの麻酔となります。麻酔をかけて少し時間をおいたら、専用の開眼器を使って目を開き、その状態を維持します。そして、小さい金属ブレードを使って、フラップと呼ばれるフタを作ります。

このフラップを開けて、レーザーを照射します。レーザーを当て終わったら、フラップを閉じて、眼の洗浄や消毒をしたら手術は終わりとなります。この手術は15~30分ほどで終わるのが通常です。

最後に、術後のケアです。

手術そのものは数十分で終わるので、その日に家に帰ることができますが、手術をした次の日には検診をしなければいけません。また、その後も経過観察をするため、定期的に検診をする必要があります。

ほかにも、ハローグレア現象というものが起きる場合があり、この場合、夜間の運転をすることが困難になるため、レーシックをしてからすぐには夜に運転するのは控えたほうが良いでしょう。

また、手術をしてからが視力が良くなっても、パソコンを長時間見たり、ゲームを長時間したり、暗い場所で作業をしたりと、目を酷使すると、近視戻りということが起こるため、眼の酷使には気をつけましょう。

つわりにマヌカハニーが効く?

妊娠は嬉しいことですが、妊娠した当人にとっては良いことばかりではありません。

ひどいのつわりは、時には妊娠の喜びを忘れてしまうほど大変なもの。個人差も多く、ひどい人もいれば、症状がほとんどなかったという人も多いです。つわりがマヌカハニーによって軽減されるというウワサがありますが、このウワサの真偽について考えてみたいと思います。

つわりの症状は様々に現れますが、むかつきや吐き気、嘔吐、眠気、倦怠感、臭いに敏感になる、食べ物の好みに変化が起こるなどが挙げられます。こうした事象がなぜ起こるのかはハッキリとわかっていませんが、間違いなく関係しているのはホルモンバランスの変化や、胃腸機能の低下、ストレスなどが強く起こっていることだろうと考えられているようです。

マヌカハニーには一見、こうしたつわりとの関係は見えません。しかしながら、高い殺菌力があってピロリ菌への効果があるということが言われており、このピロリ菌があるとつわりがひどくなると一般的に考えられています。ですから、マヌカハニーを摂取することによって、ピロリ菌の除去が進み、つわりの症状が軽減されるという関係が見えてきます。

もちろん、つわりの症状は個人差もあり、ピロリ菌による影響も個人差が大きいものですから、マヌカハニーによってつわりを軽減できると言い切っていいものではありませんが、豊富な栄養成分でかつ消化にも良いため、胃腸に負担をあまりかけずに栄養を摂取することができることも、見えないストレスの解消や胃腸の休息に効果があって、妊婦のつわりを楽にしているのかもしれません。

夏太りとカロリーの関係

夏は汗をかいたり、「暑い!」と感じたりすることの多い季節ですね。「痩せやすい季節」というイメージが強いですが、実際はそうでもないようです。喉が渇くと、ついつい冷たい飲み物やアイスに手が伸びがちですが、これらはカロリーが非常に高いのです。

カロリーが高いものばかり食べていると、ブクブク太ってしまいます。それから、熱中症対策として水分補給が勧められていますが、これにも注意が必要です。スポーツドリンクはカロリーが高いため、飲み過ぎは夏太りの原因となってしまいます。

汗で失った塩分を補充する場合、水よりもスポーツドリンクのほうがよいとされているようですが、くれぐれも飲み過ぎには注意しましょう。摂取カロリーを抑えるためにも、麦茶や冷水を飲むようにしましょう。

人間というのは、気温が上昇すると、油を使った料理が無性に食べたくなるものです。揚げ物が高カロリーであることは周知の通りですが、くれぐれも食べ過ぎには注意しましょう。揚げ物以外では、味が濃いものにも要注意です。汗をかいた後、無性に食べたくなりますよね。

ちなみに、これは汗によって失われた塩分を食べ物で補おうとする作用によるものです。さらに、味の濃い食事はご飯が進みます。すると、食べ過ぎてしまうわけです。

夏太りを防ぐためにも、味の濃い食事は控えるようにしましょう。意外なことに、夏の定番である「そうめん」も危険な食べ物であるのです。あっさりしているため、ついつい食べ過ぎてしまうこともあるようです。